スポンサードリンク

2007年05月03日

バタフライの泳ぎ方

■バタフライの泳ぎ方

バタフライの泳ぎ方についてお話します。

バタフライでは両手で一回水をかくうちに、二回のドルフィンキックを行います。

両腕を前方に伸ばしながらドルフィンキックをします。
手が腹の下をかき始めるときに二回目のキックをします。
そして、頭をあげ、呼吸をします。
そして、両腕を抜きます。

これらを繰り返すのがバタフライの泳ぎ方です。

バタフライはクロールや平泳ぎに比べて難しい泳法なので、

きちんと練習して泳ぎ方を覚えましょう。

しっかり練習すればバタフライの泳ぎ方をすぐに覚えられるでしょう。


【関連する記事】
posted by バタフライ 泳ぎ方 水泳 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バタフライ泳ぎ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

バタフライの練習方法

■バタフライの練習方法

バタフライの練習方法についてお話します。

バタフライの練習方法を以下に二つ示します。

@キックの練習
キック(ドルフィンキック)の練習を行うためにビート板を使うという方法があります。
ビート板を使い、「いち・に」のリズムでキックをします。
このときに呼吸のリズムも合わせるようにしましょう。

A片手のみバタフライを行う
手のストロークの練習のために、片手のみビート板を使うという練習方法です。
キーホールラインを意識して片手ずつ練習しましょう。
慣れてきたら、ビート板を使わずに、両手で練習するようにしましょう。

バタフライはクロールや平泳ぎに比べると難しい泳法ですので、しっかり練習して泳ぎ方をマスターするようにしましょう。
posted by バタフライ 泳ぎ方 水泳 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バタフライの練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタフライのドルフィンキック

■ドルフィンキック

バタフライのドルフィンキックについてお話します。

バタフライのキックはドルフィンキックと呼ばれます。

ドルフィンキックは、両足をそろえて膝を曲げることで水を蹴るようにするキックです。

ここで、ポイントは足だけでなく、腰もつかってうねりを作ることです。

正しいドルフィンキックを行うことはバタフライの上達にはかかせません。
posted by バタフライ 泳ぎ方 水泳 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドルフィンキック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタフライのストローク(キーホールライン)

■バタフライのストローク(キーホールライン)とは

バタフライのストローク(キーホールライン)についてお話します。

バタフライのストロークは以下の通りです。


・肩幅の広さで腕を水に入れる。

・指先を下向きにして、水を後方へ押し出すようにする。

・腕を肘から抜いて、前方へ持っていく。

これがバタフライのストロークです。

また、バタフライでは手の軌跡が鍵穴に似ていることから、

キーホールラインと呼ばれることがあります。
posted by バタフライ 泳ぎ方 水泳 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バタフライのストローク(キーホールライン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタフライのルール

■バタフライのルールとは

ここではバタフライのルールについて簡単にお話しいたします。

バタフライのルールとしてイカの三つのポイントをおさえておきましょう。

@体はうつ伏せにして、両肩は水面に対して平行を保つ。

Aゴールタチは両手同時に行う。

Bスタートとターンとしたあとは、足は蹴ってもよいが、かいた手は水面上に抜く必要がある。


これらが水泳のバタフライのルールです。

失格にならないようにバタフライのルールをしっかり押さえておきましょう。
posted by バタフライ 泳ぎ方 水泳 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バタフライのルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

バタフライ泳ぎ方

「バタフライ 泳ぎ方」は水泳のバタフライの泳ぎ方についてのサイトです。
バタフライ泳ぎ方について解説します。
posted by バタフライ 泳ぎ方 水泳 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | バタフライ泳ぎ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。